2021年09月07日


2020東京パラリンピック難民選手団・選手紹介A
2020東京オリンピック難民選手団選手紹介まとめ
*****
≪陸上競技≫
・アリア・イッサ選手(2001.1/4・シリア→ギリシャ/陸上女子こん棒投げ)⇒8/27・16.33M(8位)
4歳の時患った天然痘で脳に障がいが残り、知的・身体的障がいがある。彼女の大きな転機となったのは、4年前入学した障がいのある生徒のための学校で、スポーツと出会ったことだ。ギリシャパラリンピック委員会などの支援により練習環境や練習用具の提供を受け、国際大会に出場する選手へと育っていった。そして2021年世界パラヨーロッパ選手権で4位入賞をはたした。パラリンピック難民選手団初の女子選手で、開会式では水泳のアバス・カリミ選手とともに旗手を務める。

・シャハラッド・ナサジプール選手(1989.9/1・イラン→アメリカ/陸上男子円盤投げ)⇒9/3・42.25M(8位)
出生時の脳性麻痺で左半身に麻痺があるが、最初に始めたスポーツは卓球だった。その後、陸上競技や円盤投げなどの投げる競技に挑戦するといいとアドバイス受け、あまりピンとは来ないまま挑戦してみる。しかしその競技で彼は大きく飛躍し、2011年にドバイで開催された世界ジュニア選手権への出場を果たす。だjがその後イラン国内の状況が悪化し、2015年に脱出しアメリカへ避難する。アメリカに到着した時彼は家族もいなく、英語も堪能ではなく途方に暮れていたが、州から州へと移動し最終的にニューヨーク・バッファローへたどり着きNPOの庇護を受ける。そして2016年リオオリンピックに難民選手団が出場することを知り、パラリンピックでも難民選手団を結成するべきだとIPCへ提言のメールを送り、独立パラリンピック選手団(難民選手団の前身ともいえるチーム)の結成と、自らの出場権を獲得する。
リオパラリンピックの後、彼はアリゾナへ移り、イランで行っていた研究の続きを完了し行政政策の学位を獲得、今後はジョージワシントン大学へ入学しグローバルMBA学位取得を目指し、また2020東京パラリンピックに出場する。
…途方もないパワーです…。障がいがあって、難民で、言葉もおぼつかない見知らぬ国で、ここまでの行動力。彼を突き動かすパワーの源は何なのでしょう。

****
≪テコンドー≫
・パルフェ・ハキジマナ選手(1988.7/3・ブルンジ→ルワンダ/テコンドー男子61s級)⇒9/2・棄権
1996年、当時彼ら一家が住んでいたブルンジ国内の避難民キャンプが襲撃にあい、彼の母親は殺害され彼自身も左腕に重傷を負い障がいが残ってしまった。彼はリハビリのために様々なスポーツに挑戦し、そして16歳のころテコンドーと出会う。2010年に黒帯に昇段し、そしてブルンジに自分のテコンドークラブを設立する。だが国内状況の悪化により2015年ルワンダのマハマ難民キャンプへと避難し、1年後に経験をいかしてテコンドークラブを設立しキャンプの人々150人に教えている。2019年アフリカ8か国が参加する大会で銀メダルを獲得。
2020東京パラリンピックには、難民キャンプから直接参加する初めての選手である。キャンプには十分なトレーニング設備だけでなく、食料や医療でさえも限られているが、今年始めにはIPCなどの支援により首都にあるトレーニング施設へとアクセスできるようになった。

*****
難民選手団選手出場予定
2020東京オリンピック・パラリンピック難民選手団公式HP
UNHCRパラリンピック難民選手団選手紹介
2020東京パラリンピック公式ページの選手紹介(出場予定など)
2020東京パラリンピックを契機に開始された“WeThe15”キャンペーンについて
posted by ひよこ豆 at 19:54 | 今日のひよこ豆

2021年09月07日


2020東京パラリンピック難民選手団・選手紹介@
2020東京オリンピック難民選手団選手紹介まとめ
*****
≪競泳≫
・アバス・カリミ選手(1997.1/1・アフガニスタン→アメリカ/水泳男子50M背泳ぎ)⇒8/30・38.16秒(8位)
生まれつき両腕がないという障がいを抱えながら、13歳の頃に水泳を始める。アフガニスタンの国内大会で優勝するほどの実力をつけるが、少数民族ハザラ人であるため差別と迫害にあう。16歳の頃、避難を余儀なくされ2週間かけてトルコへと逃れる。その後難民キャンプを転々としながらも練習を続けていることをSNSで発信し、そこでコーチと出会い、「第三国定住」としてアメリカへと移り住む。20歳で世界選手権銀メダルを獲得。
※ハザラ人:アフガニスタンを中心に居住するイラン系民族で、イスラム教シーア派信者が多い。アフガニスタンでは人口の1割程度でありさらにシーア派という少数派のため迫害を受けている。(Wikipediaより)
タリバンが政権を奪取しつつある今後、彼らはどうなってしまうのだろうと…。
※第三国定住:難民キャンプなどで一時的な庇護を受けた難民が、新たに受け入れに合意した第三国へ移住することで、UNHCRは難民問題の解決策の一つとしている。

2019年にロンドンで開催されたパラ水泳世界選手権の映像です。運動機能障害S5男子50mバタフライの第7レーンがアバス・カリミ選手です。

・イブラヒム・アル・フセイン選手(1988.9/23・シリア→ギリシャ/水泳男子50M自由形)⇒8/29・30.27秒(予選8位)
イブラヒム・アル・フセイン選手の子供時代はとても素敵なものだった。シリアに生まれユーフラテス川のほとりの家で育った。父親はアジア選手権でメダル獲得経験があり、水泳のコーチをしていた。イブラヒム選手も水泳や柔道など色々なスポーツに親しんだ。学校に通い、水泳と柔道のトレーニングに励み、休みの日にはユーフラテス川で友人と音楽や釣りをした。しかし2011年3月、シリア危機によってすべては一変してしまう。トレーニングどころか外出すらままならない日々の中、2012年に家族はシリアを脱出するが彼はシリアに残る。そして銃撃された友人をほかの友人と一緒に助けようとして爆撃に合い、重症を負う。
よりよい(というよりもまともな)治療を受けるため、友人の助けを得てユーフラテス川をいかだで渡り、トルコへ、そしてイスタンブールへと向かう。そこでシリア人の駐在員と知り合い、サポートを得てやっと病院で治療を受けることができたが、それは十分なものではなかった。
彼は必要な治療を受けるためにはトルコからギリシャへ渡る必要があると判断し、2014年2月末の夜、彼は他の難民とともに小型のヨットでエーゲ海を渡った。途中でヨットが沈むかもしれないし、たどり着いたとしてもすぐに強制送還されるかもしれない、とても危険なカケだった。しかし、彼はなんとかギリシャのサモス島にたどり着き、そして周りの人々の協力と親切のおかげでアテネまで行くことができた。アテネで彼はひとりきりで言葉も判らず助けを求めることもできず、ホームレスになっていた。
彼はここで一人のシリア人駐在員に助けられ、運命が大きく好転していく。駐在員はイブラヒム選手と同じように義足で暮らすギリシャ人の友人がいて、その友人からイブラヒム選手は義足を扱う医師と出会い、治療への道筋がついていく。
義足に慣れたイブラヒム選手は仕事を得、生活を安定させていく。そして障がいをもつ選手としてスポーツに戻ることが、自分の人生を取り戻し再建することになると考え挑戦を開始する。
だが障がいのある選手が練習できるスイミングクラブはなかなか見つからず、2014年5月に彼がたどり着いたのは車いすバスケットボールだった。一年間、働きながらバスケットのトレーニングを受け、彼が参加できるスイミングクラブを探し続け、ついに2015年10月にかつてアテネオリンピック・パラリンピックが開催されたプールを見つけ、トレーニングに結び付く。半年後、アテネの水泳選手権に出場し、そこからギリシャ水泳選手権への出場とメダル獲得へ、さらに2016年リオパラリンピックのギリシャ国内での聖火ランナーへの抜擢に繋がり、それが最終的にはリオパラリンピック・独立パラリンピックチームへでの出場、そして2020東京パラリンピック出場へと繋がっていった。
とても長くなりました。奇跡のような出会いと、周りの人々の援助と親切と、そして何よりも諦めずに挑戦し困難を乗り越え自らの人生を切り開いていくイブラヒム・アル・フセイン選手の強さの、ほんの一端でもお伝えしたく書き連ねました。

*****
≪カヌー≫
・アナス・アル・カリファ選手(1993.4/6・トルコ→ドイツ/カヌー男子200M)⇒9/2・9位、11位
シリアで生まれごく普通の幸せな子供時代を過ごしていたが、2011年に戦争が始まりすべてが変わってしまう。彼は国内避難民のためのキャンプに逃れそこで2年暮らし、2014年にトルコへ逃げる。だかシリアに残った両親や兄の暮らしを支えるため、ドイツへの危険で困難な旅に出る決意をする。1か月をかけて2015年8月ドイツへたどり着き、家族を支えるためにソーラーパネルを設置する仕事に就いた。
しかし、2018年12月、仕事中に足を滑らせ屋根から落ちて脊髄損傷という大けがを負い、肢の動作と感覚に障がいを負ってしまった。彼は絶望し、悲嘆にくれるが、2番目に移った病院でリハビリとしてカヌーを進められる。そしてリハビリのために始めたカヌーで、コツコツ練習を重ね目覚ましい成長を遂げていく。
そんな中2020年、シリアにいる両輪からの兄が小競り合いの中で銃殺されてしまったという酷く悲しい知らせを受ける。彼はカヌーを止めたいと思ったけれど、彼のコーチは「スポーツはあなたの中のたくさんの扉を開くから、絶対にやめてはだめです。あなたのお兄さんは空の上からあなたを応援しているのですよ」と彼を思いとどまらせ、アナス・アル・カリファ選手は2020東京パラリンピックへの出場を勝ちとったのだ。

*****
2020東京オリンピック・パラリンピック難民選手団公式HP
UNHCRパラリンピック難民選手団選手紹介
2020東京パラリンピックを契機に開始された“WeThe15”キャンペーンについて




posted by ひよこ豆 at 19:52 | 今日のひよこ豆