2015年10月13日

七十二候【菊花開】によせて

 冴え渡る光を霜にまがへてや
  月にうつろふ白菊の花 (千載和歌集・秋歌下350)
 −菊花の色は霜によって移ろうのに、
  どうしたころだろう。
  冴え渡る今宵の月の光を霜と間違えたのだろうか、
  夜が更け月の光が移ろうにつれて、白菊の色も移ろっていくようだ−

posted by ひよこ豆 at 21:41 | 2011〜2015