2017年06月27日

IMG_1092.JPG

一年の半分が終わる6月30日は、
「夏越しの祓(なごしのはらえ)」という
厄祓いの日です。

神社で茅の輪くぐりをして
半年分の厄を祓い、
来る新しい半年の幸いを願う…
そんな風習があります。
そしてこの日に【水無月(みなづき)】という和菓子を
いただく習慣もあります。
白い外郎生地に、
赤い煮小豆を乗せ、
三角に切った和菓子です。
小豆の赤は邪気祓い、
三角形は氷を表す暑気払いの意味があります。
*****
今年も【水無月】を作ります。
土鍋で丁寧に炊いた小豆を、
きび砂糖を入れて作った外郎生地にたっぷり乗せ、
ひんやり冷やして三角に切ります。
《ひよこ豆》特製【水無月】です。

一年の半分の区切りに、
いかがですか。

◎手作り水無月:2個入り300円
・販売日時:6/24(土)11:30-15時/18:30-21時
      6/25(日)11:30-16時
      6/28(水)・29(木)・30(金)11:30-15時/18:30-21時
      ※26、27日は定休日です。

《ご注意》
・お持ち帰りのみの販売となります。
 店内でのお召し上がりは基本的にはできません。
 また、今年はランチデザートとしての提供は予定しておりません。

・通常メニューと並行での仕込みとなり、たくさん作れません。
 ご予約優先での販売とさせていただきます。
 ぜひぜひ事前のご予約をお願いいたします。
 ご予約は、お電話・店頭にてお願いいたします。
 電話:070−6459−4195
 (夕方は買い出しのため不在の場合もあります)

・2個1セットでの販売となります。
 1個での販売はできません。

なんだか「できない」ことばかりで情けないのですが…。
ご理解いただければさいわいです。

でも、毎年作るのが楽しみなのです。
煮崩れないようにコトコト小豆を煮て、
外郎生地を作って、
小豆を乗せて、ゼリー状に固めて、
全体をひんやり冷やして。
そして最後に包丁を入れるあの瞬間のどきどき。
口福をお届けできるよう
私も幸せに作ります。
ご予約お待ちしております。

−ほっこりごはん−ひよこ豆 田村日見子


posted by ひよこ豆 at 15:48 | お知らせ