2021年08月09日

※長い記事になるので、可能でしたらPCでごらんいただくのがおすすめです。

※難民選手団公式HP

≪バドミントン≫
アラム・マフムード選手(1997.7/15・シリア→オランダ)⇒7/26バドミントン男子シングルス15位
妹とともにシリアのナショナルチームに所属し、国際大会でメダルを獲得し活躍していた。しかし戦火が激しくなったため2015年シリアを脱出しオランダへ脱出する。だが、すでにシリア選手として国際的に活躍していたため、法的な立場・状況などからその後2018年まで国際大会への出場ができなかった。スポーツ選手にとって3年もの空白というのは大変な機会損失で、その後のキャリアへの足かせとなってしまう。彼は戦争によって大切な時間と大きなチャンスを奪われたのだ。しかし2018年9月には937位だった世界ランクが、その後185位まで上昇し、2020年東京オリンピックの出場権を獲得するに至った。
*****


posted by ひよこ豆 at 21:36 | 今日のひよこ豆