2021年08月13日

2020東京オリンピックパラリンピック難民選手団の選手紹介をアップしました。
パラリンピックの方はまだ情報が少ないので、今後更新していきます。
****
営業時間などはコチラ
メニューはこちら
ひとこえチケットご利用のお客さま、ご案内はコチラ
*****
04803DC6-376E-4D4A-8546-F482C2FEDFCA.jpeg

夏野菜いろいろ。いつのまにか新生姜が出ていました。というわけで本日、新生姜の塩糀炊き込みご飯あります♪
いつもの定食メニュー・お弁当にプラス100円でご飯を炊き込みご飯に変えられます。ぜひぜひ。

102FA680-5DAB-4E52-A56E-F647D152A491.jpeg

お二階のパレードさんとのコラボセット、なんと残り3個!かなり充実した内容です。ラベンダーのリースはとても良い香りです。無農薬ラベンダーで、かなり入眠効果が高い気がします!ぜひぜひ!詳しくはパレードさんブログ・コチラまで。
****
【本日の店内ランチメニュー・12-15時】
※プラス100円でご飯を、新生姜の塩糀炊き込みご飯に変えられます♪
・水木金限定:週替わり炒め物定食(1050円)
 −豚バラ肉とトマトのオイスターソース炒め
・夏メニュー!3種のお豆のチリビーンズ定食定食(1080円)
 たっぷりサラダ(チーズ、アボカド、トマト入り)のタコライス風
・塩糀チキン南蛮定食(1050円)
・サーモンアボカド丼定食(1080円)
・塩糀お豆富バーグ定食(1050円)
・白身魚フライ定食(1050円)
・キーマカレー定食(1050円)
*****
posted by ひよこ豆 at 06:00 | 今日のひよこ豆

2021年08月12日

2020東京オリンピックパラリンピック難民選手団の選手紹介をアップしました。
パラリンピックの方はまだ情報が少ないので、今後更新していきます。
****
営業時間などはコチラ
メニューはこちら
ひとこえチケットご利用のお客さま、ご案内はコチラ
*****
6AC7FC99-722A-4F11-B463-E7627394D8B9.jpeg

86E21623-822C-46C3-8016-11C1EE46737D.jpeg

夏の青空と夏の夕暮れ。
難民選手団の選手について調べていてあらためて感じるのは、「“難民”というステレオタイプにおとし込んではいけないな」ということです。一人ひとり抱える事情や問題は違っているのに、なんとなくつい「過酷な道のりを逃げて、環境も整っていない難民キャンプで暮らさざるをえない“かわいそうな”人たち」とイメージしがちです。
でも。それは間違っていて。祖国を離れざるをえない理由はそれぞれ違うし、どういう道のりでどうやってどの国にたどり着いたかもそれぞれ違うし、たどり着いた国でどんな暮らしをしているかもそれぞれ違います。だから一人ひとり、必要とする支援も違います。それをひとくくりにしてはいけないんだなと、ごく当たり前のことを、あらためて実感しているのです。
****
【本日の店内ランチメニュー・12-15時】】
・水木金限定:週替わり炒め物定食(1050円)
 −豚肉とトマトのオイスターソース炒め
・夏メニュー!3種のお豆のチリビーンズ定食定食(1080円)
 たっぷりサラダ(チーズ、アボカド、トマト入り)のタコライス風
・塩糀チキン南蛮定食(1050円)
・サーモンアボカド丼定食(1080円)
・塩糀お豆富バーグ定食(1050円)
・白身魚フライ定食(1050円)
・キーマカレー定食(1050円)
*****
posted by ひよこ豆 at 06:00 | 今日のひよこ豆

2021年08月11日

※2020東京オリンピックパラリンピック難民選手団の選手紹介をアップしました。
パラリンピックの方はまだ情報が少ないので、今後更新していきます。
※例年よりもかなり早いのですが、今年の赤しそジュースのもと販売は終了いたしました。ありがとうございました。また来年の赤しその季節に(来年はもっとたくさん仕込みますー)
****
102FA680-5DAB-4E52-A56E-F647D152A491.jpeg

夏の恒例!お二階のパレードさんとコラボ企画です!
作家さんたちの渾身の作品がぎゅっと詰まった【ひよこ豆&パレード コラボ 2021’サマーセット】です。GO!GO!Summer!乗り越えよう、ということでお値段5500円。なんと!
詳しい内容はコチラのパレードさんブログをぜひごらんください。写真付きでとてもわかりやすく説明してくださいました。

ひよこ豆からの出品は三点です。
オリジナルポストカード4枚組・デザートサービスチケット1枚・パッションフルーツソースかすももサワーのもと、どちらかおひとつ。

7C8CF7BE-B617-414E-983E-235832408C40.jpeg

コラボセットのご購入はお二階パレードさんにて♪
****

【本日の店内ランチメニュー・12-15時】】
・水木金限定:週替わり炒め物定食(1050円)
 −豚肉とトマトのオイスターソース炒め
・夏メニュー!3種のお豆のチリビーンズ定食定食(1080円)
 たっぷりサラダ(チーズ、アボカド、トマト入り)のタコライス風
・塩糀チキン南蛮定食(1050円)
・サーモンアボカド丼定食(1080円)
・塩糀お豆富バーグ定食(1050円)
・白身魚フライ定食(1050円)
・キーマカレー定食(1050円)
*****
営業時間などはコチラ
メニューはこちら
ひとこえチケットご利用のお客さま、ご案内はコチラ
*****


posted by ひよこ豆 at 06:00 | 今日のひよこ豆

2021年08月09日

※長い記事になるので、可能でしたらPCでごらんいただくのがおすすめです。

※難民選手団公式HP

≪射撃≫
ルナ・ソロモン選手(1994.1/1・エルトリア→スイス)⇒7/24女子エアライフル50位
独裁から逃れ自由を求めてスイスへと逃れる。そこで初めてスポーツ射撃と出会い、元オリンピックチャンピオンのコーチのもと技術を磨き、2020年東京オリンピックの出場権を獲得する。触れたことのなかった競技との出会いが彼女の人生を大きく変えていった。
*****

posted by ひよこ豆 at 22:52 | 今日のひよこ豆

2021年08月09日

※長い記事になるので、可能でしたらPCでごらんいただくのがおすすめです。

※難民選手団公式HP

≪カヌー≫
サイード・ファズローラ選手(1992.8/9・イラン→ドイツ)⇒8/2男子カヤックシングル1000M21位
主要な国際大会に出場し着実な結果を残しているが、2015年に脅迫をうけ生き延びるためにイランを脱出、ドイツに移る。その後競技を再開しオリンピックを目指すが、公的な身分が複雑でオリンピック出場権を得るために何年も挑戦を続ける必要があった。
*****
posted by ひよこ豆 at 22:36 | 今日のひよこ豆

2021年08月09日

※長い記事になるので、可能でしたらPCでごらんいただくのがおすすめです。

※難民選手団公式HP

≪自転車≫
マソマ・アリ・ザダ選手(1996.3/11・アフガニスタン→フランス)⇒7/28自転車、女子個人タイムトライアル25位44:04.31
アフガニスタンの少数民族ハザラ人というだけでも困難なアフガニスタンにおいて、女性で自転車競技を始めることはさらなる困難や攻撃、抑圧にさらされることだった。スポーツウェアで人前で自転車に乗るだけで見知らぬ男性から罵声を浴びせられ、投石されたり殴られたりという暴力をふるわれ、身内からも競技を止めるよう避難された。そんな状況から逃れるため故郷を脱出し2017年にフランスへの亡命が認められた。2020年東京オリンピックに出場することで、祖国を離れなければならない女性や、スポーツをあきらめねばならない女性の光になりたいと奮闘している。
*****
アフマド・バドレディン・ウェイス選手(1991.1/15・シリア→スイス)⇒7/28自転車、男子個人タイムトライアル38位1:08:40.46
アレッポで育ち、14歳で自転車を始め国内の大会で成績を残し、ジュニア選手として初めてシリア世界選手権に出場。だが戦火が激しくなり脱出を決意。その後レバノン、トルコ、ギリシャ…各地を転々と逃れ、最終的にはスイス・ローザンヌの友人のもとへ身を寄せる。彼が自転車競技に戻るのに3年の月日を要した。トレーニングを再開し、再び大きな大会で活躍するようになっていった。
*****


posted by ひよこ豆 at 22:07 | 今日のひよこ豆

2021年08月09日

※長い記事になるので、可能でしたらPCでごらんいただくのがおすすめです。

※難民選手団公式HP

≪バドミントン≫
アラム・マフムード選手(1997.7/15・シリア→オランダ)⇒7/26バドミントン男子シングルス15位
妹とともにシリアのナショナルチームに所属し、国際大会でメダルを獲得し活躍していた。しかし戦火が激しくなったため2015年シリアを脱出しオランダへ脱出する。だが、すでにシリア選手として国際的に活躍していたため、法的な立場・状況などからその後2018年まで国際大会への出場ができなかった。スポーツ選手にとって3年もの空白というのは大変な機会損失で、その後のキャリアへの足かせとなってしまう。彼は戦争によって大切な時間と大きなチャンスを奪われたのだ。しかし2018年9月には937位だった世界ランクが、その後185位まで上昇し、2020年東京オリンピックの出場権を獲得するに至った。
*****


posted by ひよこ豆 at 21:36 | 今日のひよこ豆

2021年08月09日

※長い記事になるので、可能でしたらPCでごらんいただくのがおすすめです。

※難民選手団公式HP

≪競泳≫
ユスラ・マルディニ選手(1998.3/5・シリア→ドイツ)⇒7/24女子100Mバタフライ33位1:06.78
シリアではシリアオリンピック委員会のサポートのもと競泳選手として活躍していたが、17歳のときに紛争から逃れるため姉と二人で脱出。困難で過酷な道のりを乗り越え、ドイツへとたどり着く。その後、ベルリンの水泳クラブでトレーニングを再開し、2016年リオオリンピックで初めて結成された難民選手団の選手として出場。メディアの注目を集め、国連難民高等弁務官事務所(UNHCR)親善大使となり、自らの経験や難民問題について発信している。2020年東京オリンピック開会式では旗手を務めた。
*****
アラー・マソ選手(2000.1/1・シリア→ドイツ)⇒7/30男子50M自由形44位23.30
アレッポで水泳コーチの父のもと幼いころから水泳とトライアスロンのトレーニングを始める。2015年にトレーニング施設が紛争の被害を受け、危険を感じシリアを離れる。安全な場所を求めてヨーロッパを巡り、最終的にドイツに落ち着く。今はドイツで生活を立て直し、逃避行の間に失ってしまった学業を取り戻すため学校にも通っている。ただ両親とはシリアを離れて以来再会できていない。
*****
posted by ひよこ豆 at 19:55 | 今日のひよこ豆

2021年08月09日

※長い記事になるので、可能でしたらPCでごらんいただくのがおすすめです。

※難民選手団公式HP

≪ウェイトリフティング≫
シリル・ファガト・チャチェット選手(1995.8/1・カメルーン→イギリス)⇒7/31ウェイトリフティング男子96s級B組2位(メダルはA組)
2014年イギリス・グラスゴーで開催された大会で5位入賞をはたした後、19歳だったシリル選手はいまだに明らかにできない事情からカメルーンに戻るのは危険だと判断しチームから逃げ出し、路上生活を始める。自分を養うすべもなく空腹で荒れた生活で自殺まで考えるようになるが、最後の助けを求めて慈善団体に電話をかけた。ドーハの移民局に移され、国外追放におびえていたが亡命手続きが進むにつれ状況は好転し、バーミンガムに移り生活環境も安定し、精神的な治療も受けられるようになる。そして地元クラブでウェイトリフティングを再開しだんだんと精神の安定を取り戻していく。そしてイギリスにおいて数々の国内記録を打ち立て、2020年東京オリンピックへと道が続いていく。
*****
posted by ひよこ豆 at 19:23 | 今日のひよこ豆

2021年08月09日

※長い記事になるので、可能でしたらPCでごらんいただくのがおすすめです。

※難民選手団公式HP

≪レスリング≫
アケル・アル・オバイディ選手(1999.9/21・イラク→オーストリア)⇒7/26レスリング男子グレコローマンスタイル67s級8位
レスリングのトレーナーでクラブを経営している父のもとモスルで暮らし、レスリングでもジュニア大会で優勝するほどの力を付けていたが、14歳のころISISがモスルを占領し少年たちを集め始めた。彼は家族と離れモスルを脱出し、難民グループとともにヨーロッパを目指した。オーストリアを目指したわけではなく、とにかくたどり着いた先がオーストリアで、そしてその後はもう帰ることができなかった。新しい環境で彼は家族もなく言葉も判らないなか、中学校へと入学し、難民申請をし、なんとか生活を築いていった。しかしレスリングを再開しそこから新たな扉が開けていった、と彼は語っている。故郷の家族とも連絡を取り合うことができている。
*****

posted by ひよこ豆 at 18:47 | 今日のひよこ豆